RHEL6→RHEL7で変更された主要コマンド(ネットワーク系)


ネットワーク系コマンド

Red Hat Enterprise Linux 7では、ifconfigやnetstatといった馴染みのあるコマンドが含まれている、net-toolsパーッケージがインストールされなくなりました。

ネットワーク系コマンドの一覧は下記のとおりです。なお、ipコマンドのオプションは、一意な文字列まで入力すれば認識してくれるので、短縮表記例も併記しておきます。

処理内容 RHEL 6 RHEL 7(フル表記) RHEL 7(短縮表記例)
全アクティブインターフェイスの情報表示 /sbin/ifconfig /sbin/ip address show or /sbin/ip link show /sbin/ip a or /sbin/ip l
特定インターフェイスの情報表示 /sbin/ifconfig eth0 /sbin/ip address show devenp0s3 /sbin/ip a s dev enp0s3
ルーティングテーブルの表示 /sbin/route /sbin/ip route /sbin/ip r
デフォルトゲートウェイの追加 /sbin/route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx ip route add default via xxx.xxx.xxx.xxx /sbin/ip r a default via xxx.xxx.xxx.xxx
デフォルトゲートウェイの削除 /sbin/route del default gw xxx.xxx.xxx.xxx ip route del default via xxx.xxx.xxx.xxx /sbin/ip r d default via xxx.xxx.xxx.xxx
TCPの接続状態の表示 /bin/netstat -tan ss -tan 左に同じ
インターフェイスごとの統計情報 /bin/netstat -i ip -s link ip -s l
ARPテーブルの表示 /sbin/arp -n /sbin/ip neighbour /sbin/ip n

RHEL 6と同じコマンドを利用したい方は……

net-toolsパッケージをインストールすれば、Red Hat Enterprise Linux 6で使用していたネットワーク系コマンドはすべて利用可能となります。


NetworkManager系コマンド

NetworkManagerは、Red Hat Enterprise Linux 4から搭載されているネットワークユーティリティで、Red Hat Enterprise Linux 7で新しく追加されたわけではありません。しかし、Red Hat Enterprise Linux 7より、ネットワーク設定にはこのユーティリティを使用することが推奨されるようになったので、今後は利用頻度が高くなると思います。

NetworkManagerには、X上で動作するGUIツールのほか、ターミナル上でGUIで設定できるnmtuiコマンド、CUIで設定するnmcliコマンドがあります。ここでは、最も利用しやすいとnmcliコマンドを用いたNetworkManager系コマンドを下記に紹介します。

なお、デバイスを示す「デバイス名」と、接続に名前をつけた「接続名」は異なることがあるので注意してください。

処理内容 nmcliコマンド(フル表記) nmcliコマンド(短縮表記例)
デバイス一覧の表示 /usr/bin/nmcli device /usr/bin/nmcli d
デバイス情報の表示 /usr/bin/nmcli device show device_name /usr/bin/nmcli d sh device_name
接続の作成 /usr/bin/nmcli connection add type type_nameifname if_name con-name connection_name /usr/bin/nmcli c a type type_nameifname if_name con-nameconnection_name
接続の削除 /usr/bin/nmcli connection deleteconnection_name /usr/bin/nmcli c de connection_name
接続一覧の表示 /usr/bin/nmcli connection /usr/bin/nmcli c
接続情報の表示(すべて) /usr/bin/nmcli connection showconnection_name /usr/bin/nmcli c s connection_name
接続の変更 /usr/bin/nmcli connection modify …. /usr/bin/nmcli c m …
接続の開始 /usr/bin/nmcli connection up connection_name /usr/bin/nmcli c u connection_name
接続の停止 /usr/bin/nmcli connection downconnection_name /usr/bin/nmcli c d connection_name
接続情報の表示(特定フィールド) /usr/bin/nmcli –fields field_name connection show connection_name /usr/bin/nmcli -f field_name c sconnection_name


ホスト名操作系コマンド

Red Hat Enterprise Linux 7では、ホスト名もsystemdが管理しているため、永続的なホスト名の変更方法も変更されました(hostnameコマンドを利用した一時的なホスト名の変更は Red Hat Enterprise Linux 6と同じです)。

ホスト名操作系コマンドの一覧は下記のとおりです。

処理内容 RHEL 6 RHEL 7
ホスト名の確認 hostname hostname or hostnamectl
ホスト名の変更(永続的) /etc/sysconfig/networkを編集 hostnamectl set-hostname new_host_hame

なお、「nmcli global hostname new_host_hame」を実行して、NetworkManager経由でも変更することができます。


ファイアウォール系コマンド

Red Hat Enterprise Linux 7では、ファイアウォールとしてfirewalldが導入されました。これは、内部的にはiptablesを利用しているものの、「ゾーン」と呼ばれるiptablesとはまったく異なる機能を提供しているため、コマンド一覧は割愛します(iptabelesサービスとの併用もできません)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする