CentOS 7 インストール

CentOS 7 インストール

1.作成したインストール Disc をドライブに入れてコンピュータを起動します。すると以下の画面になるので、そのまま Enter して進めてください。

CentOS7_001

2.インストール中の表示言語の選択画面になります。言語の名から「日本語」を選択し「続行」をクリックします。

CentOS7_002

3.各種設定のデフォルト画面です。ここからキーボードやタイムゾーン等の各種設定を行います。 上から順に設定しくとして、まずはタイムゾーンを設定します。

※言語に「日本語」を選択すると、「日付と時刻」は【アジア/東京】にセットされます。
※「キーボード」も【日本語】に設定されます。

CentOS7_003
CentOS7_004

4.「ソフトウェアの選択(S)」をクリックします。

CentOS7_005

  • ベース環境
    GNOME Desktop
  • 選択した環境のアドオン
    GNOME アプリケーション
    開発ツール

指定が完了したら、上部の「完了(D)」をクリックします。

5.デフォルト画面に戻ってくるので、「インストール先(D)」をクリックします。

CentOS7_006

複数のHDDが搭載されている場合は、インストールするHDDを選択(ハイライト)し、レ点チェックされている事を確認します。
指定が完了したら、上部の「完了(D)」をクリックします。

6.デフォルト画面に戻ってくるので、「ネットワークとホスト名(N)」をクリックします。

CentOS7_007

NICが複数存在する場合、複数表示されます。
外部(インターネット接続)に使用するインタフェースを選択(ハイライト)します。
「ホスト名(H)」に【sv.network-learning.net】
ホスト名・ドメイン名はご自分の環境に合わせて設定してください。

※先頭から「.(ドット)」までがホスト名になります。この「.(ドット)」から後ろはドメイン名になります。
(この後ろの部分が、取得したドメイン名になります。全てを含めた形がFQDNと呼びます。)

「設定(o)」をクリックするとNICの詳細設定に進みます。

CentOS7_008

『IPv6のセッティング』タブをクリックします。
「方式(M)」:無視するを選択します。

CentOS7_009

『IPv4のセッティング』タブをクリックします。
「方式(M)」:手動を選択します。
「アドレス」
アドレス: 192.168.21.208 (自分のサーバIPアドレスを設定)
ネットマスク: 24bitマスク(255.255.255.0)
ゲートウェイ: 192.168.21.254

※アドレスは、ご自分の環境に合わせて変更してください。
※ネットマスクは通常24ビット(255.255.255.0)でよいでしょう。
※ゲートウェイは、ルータのLAN側アドレスを指定します。

「DNSサーバ(V)」: 192.168.21.254

※DNSサーバもルータのLAN側アドレスを指定します。(自サーバにDNSサーバを構築するまでの対処とします。)

【ドメインを検索(E)】: network-learning.net

ご自分のドメインを入力します。これはホスト名(当サイトではcentos)で名前検索した場合、「network-learning.net」が補完されて、内部では「centos.network-learning.net」で名前解決されます。

設定が出来たら「保存(S)」をクリックします。

7. 全て設定が終了したら、右下の「インストールの開始(B)」をクリックしてインストールを開始します。

CentOS7_011

8.インストールが進んでいきます。 同時に画面上部に root パスワードの設定と、一般ユーザーの作成を促されます。 それぞれアイコンをクリックして、設定画面に移動し、設定してください。

9.root パスワードの設定画面では、以下のように設定したいパスワードを入力して、左上の「Done」ボタンをクリックして完了します。

CentOS7_012

10.一般ユーザーの作成画面では、以下のように作成したいユーザー名とパスワードを入力して、左上の「完了(D)」ボタンをクリックして完了します。

CentOS7_013

11.インストールが完了したら右下の「再帰起動(R)」をクリックします。

CentOS7_015

12.以上でインストールが完了です。ログイン画面が表示されますので、root ユーザー、もしくは、作成した一般ユーザーで認証してログインしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする